erkelenz

 

 

 

業界:ガラス戸メーカー

 

ボックスオンデマンドマシンを導入したことで、すべての製品に対してより綺麗な仕上がり、鮮明なイメージで、商品にぴったりと合った包装をすることができるようになりました。パノテックの製品は素晴らしいので、さらに導入拡大を行います!

Mr. Uwe Erkelenz, CEO – Erkelenz Turen

 

ドア、シャワーボックス、ガラス板のための包装・梱包ソリューション

Erkelenzは1994年創立で、木製、ガラス、アルミニウムなど、様々な要素によって作られたカスタムドア、スライドドアを製造している会社です。また、シャワーのための仕切り壁も製造しています。商品の種類が様々であり、異なる形状・サイズの製品が多く、包装作業には大変苦労していました。多くの製品はサイズの合わない箱で梱包することになるため、ダンボール箱を手作業でカットしてサイズ調整を行っていました。
ボックスオンデマンドマシンを導入する前、包装・梱包作業エリアは350㎡に達していましたが、NEXTMODEを導入してからは包装・梱包作業エリアが70㎡に縮小しました。

ボックスオンデマンドの導入で、Erkelenzは以下のことができるようになりました。

  • 商品それぞれについて適したサイズ・形状の箱を作成すること
  • より洗練された美しいパッケージング
  • 包装・梱包作業時間の短縮


9月 - September, 2018

119月 - 14All Day国際物流総合展2018|Logis Tech Tokyo