FILE:6

業界:事務機器メーカー

作業時間削減 作業の標準化 規格外ケース製造可能 資材在庫削減

段ボールの保管スペースが5分の1に大幅カット!生産量の多い、サイズオーダー製品の現場でも確実にコストメリットが出ます。

ボックスオンデマンドを導入し、梱包資材である段ボールの保管スペースの大幅削減に成功されたお客様の導入事例です。生産量の多い、サイズオーダー製品の現場でも、ピッキングや梱包など物流に関する作業時間を一気に削減します。

課題

● 生産量が多く、大量の段ボールを保管するには、およそ300㎡程のスペースを確保しなければならなかった

 

● 製品の梱包に大量の段ボールを使用していたため、段ボール業者からトラック搬入を1日に5回行っていた

 

●広大な段ボールの保管スペースが必要だった事から、保管場所と梱包作業を行う現場が離れておりピッキングに膨大な時間がかかっていた

 

●サイズオーダー製品のため、段ボールを切って丁度良いサイズに詰めたり、繋ぎ合わせたりなどのケースサイズ調整加工が発生していた

導入効果

★ ボックスオンデマンドのマシンとPATADANの保管場所でわずか60㎡程度となり、梱包に関するスペースの大幅削減に成功。

 

★ 種類ごとに段ボールを購入する必要が無くなり、PATADANの納品は2日に1回となった事から運搬に関する負担を大幅に軽減。

 

★ 保管スペースが少なく済む事で、梱包現場に近い場所へマシンを設置でき、ピッキングの効率大幅に向上した。

 

★ サイズオーダー製品の生産計画に合わせ、ジャストサイズの段ボールを自動で切り出す事ができ、ケース加工時間が不要になった。


課題

こちらの現場では生産量が非常に多く、梱包に大量の段ボールを使用していたため、段ボール業者からトラックでの段ボール搬入を1日に5回行っていました。段ボールを保管する大きなスペースを確保する必要があった事から、どうしても梱包作業を行う現場から離れた場所に保管せざる得ない状況でした。そのため、段ボール保管場所から梱包作業を行う現場まで遠く、さらには生産量が多いため1日数十回に分けてピッキングをする必要があり、時間ロスが発生していました。


導入マシン

・MIDI COMPACK(シート切り出し)

 

 

 

 

 

 

・PRINT ON DEMAND(インクジェットプリンター)


導入のポイント

合計10種類程度の幅・材質違いのPATADANを準備されています。PATADANの種類ごとに製造するケースを決め、PATADAN1種類ごと生産していきます。1種類目の生産が終わると、別の種類のPATADANに切り替え、同様に一気に生産をしていきます。また仕上がったケースは、さらに種類分けが必要なため、プリントオンデマンド(インクジェットプリンター機)も同時に導入され、その場で「ケアマーク」や「企業のロゴ」の印刷に対応。瞬時の種類分けが可能になっています。また種類ごとに印刷する位置を変更することにも対応が可能です。


導入効果

梱包資材として保管する段ボールの種類や数が多く、このように山積みの状態の中から、必要な段ボールを探すだけで一苦労でした。さらには遠く離れた梱包現場へ段ボールを何度も運搬されており、ボックスオンデマンド導入前はとても作業効率の悪い環境でしたが、導入後は、各作業時間の短縮使用スペースの削減が実現でき、作業環境は劇的に良好となりました。またボックスオンデマンドに使用する蛇腹状の段ボールシート「PATADAN」は、写真右のように数種類の幅の異なるPATADANを保管しておくだけで済むのでサイズオーダー製品の生産計画に合わせ、ジャストサイズの段ボールを自動で切り出す事ができ、ケースサイズ調整の加工時間不要になりました。

お問い合わせはこちら

会社名 :
氏名 :
E-mail:
電話番号 :
お問い合わせ内容 :
認証コード: