業界:家具物流

作業時間削減 輸送費削減 作業の標準化 規格外ケース製造可能

バーコードスキャンで簡単梱包!

商品サイズ情報をあらかじめBODに登録することで、必要な時にバーコードを読み取るだけでジャストサイズのダンボールケースができあがります

課題

● 大物や長尺の家具に合ったダンボールケースの調達は難しく、調達コストも高くなる

● 梱包作業の質は作業者によってバラバラ。切り貼りする手作業に時間がかかり、見た目もよくない

● 商品に対して梱包後の仕上がりが大きく、運賃が高くなってしまう

yazirushi

導入効果

必要な時に必要なサイズのケースを必要な分だけ用意することができるようになった

★ 誰が作業しても同じ梱包品質が保てるようになり、作業時間も短縮輸送中の事故防止にもつながった

★ 大物や長尺の商品も無駄なく包装でき、輸送コストを削減できた


課題

小さなものから大きなものまで様々な商品を扱われている中、長尺や大型商品の梱包には既製ダンボールケースを切り貼りして対応されていたため、人手と時間がかかり、梱包状態もまちまちとなっていました。

illust3

導入マシン

・バーコードスキャナ(計測)

・MIDI COMPACK(シート切り出し)

・E-GLUER(糊貼り)

scanner

導入のポイント

定番商品のサイズ情報をあらかじめBODのデータベースに登録しておくことで、必要時にはバーコードスキャナで読み取るだけで必要なダンボールケースを取得できるようになりました。複数個出荷が多い商品は、複数個の状態でサイズ情報を登録して対応いただいています。


導入効果

商品バーコードにダンボールケースの形状とサイズが紐付けされているため、必要な時に即座にケースを作製することができるようになりました。プラスチック製のケースや鏡など輸送中の割れが起こりやすかった商品は、ジャストサイズの適切な梱包により、最低限の緩衝材で安全に輸送できるようになりました。

beforeafter

お問い合わせはこちら

会社名 :
氏名 :
E-mail:
電話番号 :
お問い合わせ内容 :
認証コード: